資格どうでしょう 中年リーマンの資格挑戦ブログ

ど文系、ずぶの素人、中年のリーマン藩士がいろいろな資格に挑戦する内容です。

≪資格試験≫ 自己啓発報奨金について

資格取得で何某の報奨金って貰ったことありますか?

まぁ、表面上ではあるのですが、実際に取得すると…。上司はいい顔をしませんねぇ。

 

以前、上下期の業績評価の面談時、目標設定で資格取得の項目があったので、結果について報告しましたが、ものの見事に握りつぶされた経験がございます!!(笑)

なので、それ以降、資格取得についての報告はやめました。好き勝手にいろんな資格を取得することの方が気が楽です。

 

たかだか、数万円のためにウダウダ言われるのであれば、資格試験の勉強だけでもストレスが溜まるのに、余計なストレスを溜めたくないですからねぇ。

 

会社では自己啓発で公的資格取得等を推奨してはいますが、

現実問題(上司のホンネとしては)

「資格の勉強をするぐらいなら、もっと仕事しろよ!!」

「なんだ、その資格を取得して独立開業でもするのか?」

「勉強は出来ても、仕事に生かせないと意味がない!!」

等々、取得後に聴きたくない嫌味を言われるのが関の山ではないでしょうか?(笑)

 

まぁ、働きながら難関と言われるような資格に合格されたら上司も人間ですから良くは思わないでしょう。

ましてや、自分が持っていない資格なら尚更だと思います。

 

まぁ、それは会社の考えと上司の考え方なので一概にこうだとは言えませんが。

 

資格がなくても仕事は出来ます。

若い頃の自分がそうでした!!

勉強がイヤなので

「資格なんかなくても仕事は出来る!!」

なんて思ってましたね!!

 

でも、仕事で経験してきたことを何か形に残さないと経験だけで終わってしまうと思うようになりました。

それから、資格取得をするようになったのですが、上司から「資格がなくとも仕事は出来る」と判断されるのであれば仕方がないことです。

その会社のラインを外れる勇気があればいいですが、そうすれば窓際一直線です!!

ですが、大手と言われるような企業でもいつ何が起こるかわからないご時世で、その会社にしがみつくってどうなのかなぁ?と常々感じております。

 

特に、バブル崩壊とリーマンショックを経験した世代ですから、資格はある種の保険だと思っております。

それだけで、雇ってもらえる訳ではないですが、あったに越したことはないって感じです。

当然、そういう時は、志望する会社によって履歴書や職務経歴書に記載する資格が変わってくるのでしょうが。

 

昇進昇格に必要な資格、業務に直結する資格、必置資格等であればそれはそれで評価されますが、それ以外はって感じがします。

 

何のための資格取得かを今一度、自分でも考えてみたくて綴ってみました。

私の場合、ある意味で資格取得が趣味になってきました!!

ただ、この趣味。

受験料やら参考書やらでかなりお金がかかるのが難点です(笑)