資格どうでしょう 中年サラリーマンの資格挑戦ブログ

このブログは、ある資格に戦いを挑んだ、ど文系、ずぶの素人、アラフィフサラリーマン藩士の記録である。大学卒業時の保有資格が運転免許しかなかった男が、35歳を過ぎてから健全な精神を培い、わずか数年で数多くの資格を取得した奇跡を通じて、その原動力となった勉強方法を、余す所なくブログ化したものである。

≪資格試験≫ 教卓の向こう側 その2

いつもご来訪ありがとうございます!!

皆様のご来訪と☆が励みとなっております。

もっとちょっと欲を言えば、読者になって頂けると更に励みになります(笑)

たまたまいらした方もよかったらご贔屓にどうぞ。

 

5月26日の日曜日。

この日は、目茶苦茶暑かったです。

運よく?試験運営をお手伝いすることになりました!!

過去にもこんなことを書いてます!! 

www.shikakudodesyo.com

 

普段は、試験を受ける側なので、受験生の気持ちはよくわかります!!

というか、受験生なのですが(笑)

 

さて、資格試験を運営側の立場でみると、資格試験の種類や難易度によって、受験生の心構えや態度が大きく異なるんだなって思いました。

 

試験開始前の着席時刻に着席している人が少なかったですねぇ。

また、試験開始ギリギリや試験開始後の入室というのも目立ちました!!

公共交通機関の遅延情報もなかった筈ですが。

 

中には

こちらからどうか受験して下さい!!って頼んだわけでもなく、自らが出願している筈なのに、自分が受験する教室すら調べないで案内係に逆ギレしながら教室を尋ねる方がいたりとなかなか面白いものがみれました(笑)

 

そりゃあ、資格試験ヲタもとい資格マニアの自分とは異なり、昇格昇進、業務で必要、社命による受験等々、自由意志からかけ離れた受験ではないのかもしれませんが、試験当日にもかかわらずそういうのはどうなんだろう?って感じることが多々ありました。

 

現在は、受験準備という感じですが、夏の終わりから冬にかけて、またいつもの受験生となります!!(笑)

 

気持ち時間勉強にゆとりがある受験生となれるよう、受験準備を頑張っていきたいと思います!!

 

社労士サイトはこちら

スポンサーリンク