資格どうでしょう 中年サラリーマンの資格挑戦ブログ

このブログは、ある資格に戦いを挑んだ、ど文系、ずぶの素人、アラフィフサラリーマン藩士の記録である。大学卒業時の保有資格が運転免許しかなかった男が、35歳を過ぎてから健全な精神を培い、わずか数年で数多くの資格を取得した奇跡を通じて、その原動力となった勉強方法を、余す所なくブログ化したものである。

≪情報処理技術者試験≫ 2018秋の試験会場(神奈川)を聞いてみた

いつもご来訪ありがとうございます!!

皆様のご来訪と☆が励みとなっております。

もっとちょっと言えば、読者になってくれると更にです。

たまたまいらした方もよかったらご贔屓にどうぞ。

 

21日の日曜日に終了した情報処理技術者試験。

早いもので、平成最後の春季試験についての情報が開示されております!! 

 

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:試験実施案内:平成31年度春期試験について

 

出願は年明けの1月10日(木)からです!!

平成最後の試験日は、4月21日です!!

 

当ブログ、春と秋の情報処理技術者試験の出願時期に凄くアクセスが増えます!!

アクセスが増えるのはこちらの記事。

 

www.shikakudodesyo.com

 

www.shikakudodesyo.com

 

受験者にとって、受験会場がどこになるのかは、大なり小なり重要な問題だと思います!!

ここで、試験に向けてのやる気も変わってきたりします(笑)

 

出願時点で、受験会場がわかっていたら、交通機関の遅延や前日の宿泊等いろいろなことを想定することができますが、受験票が届くまでわからないと不安な気持ちになったりします。

特に、情報処理技術者試験や日商簿記検定のように受験者が多い試験ですと、同一地域に複数の受験会場が設定されていることもあり、以前、受験したことがあるから今回も同じだろうと思ったら、とんでもないところが受験会場だったりします。

なので、ある程度、どこが受験会場になるであろうかというのが、受験票が届く前にわかっていたら心の準備も出来るのにと、受験生の気持ちがわからないでもありません。

 

また、神奈川県の場合、

いくら出願時の注意事項に、

横浜試験地は、川崎市、相模原市含みます

藤沢試験地は、茅ヶ崎市、平塚市、小田原市含みます。

って書いてあります。

横浜と川崎、相模原は大きく違います。

金沢区の横浜市立大学も横浜、神奈川区の神奈川大学も横浜、川崎市多摩区の専修大学も横浜、相模原の淵野辺にある青山学院も横浜で同じ受験地区になります!!

これって、幅が広すぎます!!

 

また、湘南と書いて湘南にない神奈川大学だって、藤沢と平塚ではかなり違います!!

 

受験生としていずれも、横浜市外で受験した経験から、情報処理技術者試験センターに問い合わせ、2018年秋季の試験会場を教えて頂きました。

 

次回以降、出願の際のご参考までにどうぞ!!

 

≪横浜≫

川崎市立総合科学高等学校

明治大学 生田キャンパス

専修大学 生田キャンパス

関東学院大学 金沢八景キャンパス

横浜市立大学 金沢八景キャンパス

パシフィコ横浜 展示ホールA~D

横浜国立大学

東芝研修センターA・B(新横浜)

東洋英和女学院大学

明治学院大学 横浜キャンパス

相模女子大学

青山学院大学 相模原キャンパス

麻布大学

相鉄岩崎学園

神奈川県立保健福祉大学

川崎市南部身体障害者福祉会館

 

太字は、2018年春試験で使用されていなかった会場です。 

横浜地区は、春の試験会場であった神大・國學院(たまプラ)・東京都市大(中川)がありませんでした。

明治大学・横浜国立大学・横浜市立大学・関東学院大学・青山学院大学・相模女子大学は、建屋が違うでしょうが、宅建と同じ試験会場になっていたようです。

 

≪藤沢≫

湘南工科大学

神奈川大学 湘南平塚キャンパス

日本大学 生物資源科学部

茅ヶ崎市福祉会館

 

藤沢地区は、日大藤沢高校が宅建の試験会場になっていたので、帰りの時間帯はかなり混み合ったのではないでしょうか?

 

≪厚木≫

神奈川工科大学

厚木中央高等学校

伊勢原シティプラザ

 

藤沢・厚木会場は、春試験とほぼ同じ会場でした。 

おそらく、今後も同じ会場で実施されるのではないかと推察されます。が、保証は出来かねます。

 

おおよその会場がわかるだけでも、不安材料は減るかと思います。

来春の試験にむけて頑張っていきましょう!!

社労士サイトはこちら