資格どうでしょう 中年サラリーマンの資格挑戦ブログ

ど文系、ずぶの素人、中年のサラリーマン藩士がいろいろな資格に挑戦する内容です。 保有資格 社会保険労務士/産業カウンセラー/第一種衛生管理者/メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種/AFP/2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士/情報セキュリティマネジメント/ITパスポート/日商簿記3級/ビジネスキャリア検定/eco検定

≪資格取得≫ 素直さ!!

いつもご来訪ありがとうございます!!

皆様のご来訪と☆が励みとなっております。

もっとちょっと言えば、読者になってくれると更にです。

たまたまいらした方もよかったらご贔屓にどうぞ。

 

8月26日キャリアコンサルタント試験を受験します。

現在、その対策で他のことが出来ない状態です。

 

キャリアコンサルタントとは

本人の興味・適性の明確化や職業生活の振返り(どんな能力があって、何が課題なのかの確認)を通じて職業生活設計を支援し、職業選択や能力開発の自信・意欲の向上、自己決定を促す支援を行う者

という定義があります。

 

相談者の話を素直に聞く姿勢がとても大切です。

 

社会でいろいろな経験をしてますと、自分の経験を基準にしてしまうので、相手の話を素直に聞くことが出来なくなってしまいます。

多くの方が、おそらく、会社やご家庭でもそうではないでしょうか?

 

相手の話を聞いているようで、実は殆ど聞いていないなんてザラだと思います(笑)

 

キャリアコンサルタント試験には、実技試験があり、論述と面接試験があります。

面接試験は、15分間、相談者の話に耳を傾けていく必要があります。

 

普段、15分も1人の話を真剣に聞く機会はなかなかないと思います。

ここで、大切なのは、相手に安心感を与えて素直に話を聞く姿勢です。

 

素直というのが重要です。

相談者が話したことが、例え「マジか?」とありえないとこちらが思っても、相談者はそう感じているんです!!

そう感じているものをとこちらの主観で「いやいや、それはありえない!!」言った瞬間会話が終了します。

そのありえないを本人に認識してもらい、どう変えるかが、カウンセリングの大切なことになります。

素直に相手を受け入れる。

これはすごく大変なことだと思います。

どの資格でもそうですが、先ずは、素直にテキスト等に書いていることを受け入れることから始めるといいのかもしれません。

 

なかなか、素直になれないこともありますが、それも人生の訓練だと思うようにしましょう!!