資格どうでしょう 中年サラリーマンの資格挑戦ブログ

このブログは、ある資格に戦いを挑んだ、ど文系、ずぶの素人、アラフィフサラリーマン藩士の記録である。大学卒業時の保有資格が運転免許しかなかった男が、35歳を過ぎてから健全な精神を培い、わずか数年で数多くの資格を取得した奇跡を通じて、その原動力となった勉強方法を、余す所なくブログ化したものである。

≪資格試験≫ 受験する人にしかわからない資格試験の活用方法!!

いつもご来訪ありがとうございます!!

皆様のご来訪と☆が励みとなっております。

もっとちょっと言えば、読者になってくれると更にです。

たまたまいらした方もよかったらご贔屓にどうぞ。

  

先日、とある試験のお手伝いをすることがありました。

その日の役回りは、外での会場案内係。

入口に立って、教室のある建屋のおおまかな誘導をする係でした。

 

受験者は1度や2度、お世話になった方もいるのではないでしょうか?

 

その日は、運よく暑くもなく、寒くもない日でした。

 

イヤホンで音楽等を聞いて来場するので案内は殆ど聞いていません(笑)

まぁ、そんなもんです。

会場係って、受験生が必要な時に役立てばいいのですから。

 

試験が始まりますと、会場案内係はそんなに仕事はありません。

遅刻者がいないともっとラクです。

 

時間的には、途中退出の時間帯だったでしょうか?

そこに、途中退出されたであろう年配の方が、通りかかりました。

「お疲れ様でした」と一声かけると、こちらに近寄ってきます。

何か悪いことをしたかとおもったら、

 

「いやぁ、資格試験はボケ防止でねぇ!!

新しいことを知るのは楽しいねぇ。

若い頃、知ってたら偉くなったんだろうけど!!

でも、いいんだよ。

今、こうやって新しいこと知ったから。

これが生きがいになるんだ!!

まぁ、試験には落ちたけどね!!

また、受けに来るよ!!」

と笑って帰られました。

 

資格試験はどちらかというと合格か不合格かに関心がいきます。

それは、試験の性質上、当然だと思います。

 

一方で、こういう楽しみ方をされている方もいるんだなと感じました。

知的好奇心は大切です。

 

試験をどのように活用するか。

それは、活用する人だけが答えを知っている感じがしました!!

社労士サイトはこちら