資格どうでしょう 中年サラリーマンの資格挑戦ブログ

ど文系、ずぶの素人、中年のサラリーマン藩士がいろいろな資格に挑戦する内容です。 保有資格 社会保険労務士/産業カウンセラー/第一種衛生管理者/メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種/AFP/2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士/情報セキュリティマネジメント/ITパスポート/日商簿記3級/ビジネスキャリア検定/eco検定

≪社労士≫ 本試験対策 再度問題を解き直す必要性があるか?

社労士試験まであと12日です!!

ケアレスミスの防止については前の記事に書かせて頂きましたが、今回は見直しについてです。

 

見直しはすべきです!!

ですが、受験番号を正しくマークしているか、氏名がきちんとマーク出来ているか、問題に記入した解答が正しく塗り潰せているか、解答欄に間違いはないかぐらいを確認すべきで、一度解いた問題を解き直すまでの必要性はないと思ってます。

 

初見の問題は、今までの知識を総動員して解こうとします。

ある意味、第六感も働きます。

問題を見直すとどうしても穿った見方になります。

一番あり得るのが、5肢のうち、2択まで、絞り込んだ問題です。

 

いろいろ勉強しているので、疑心暗鬼になり、勝手に法令解釈してしまい、最初に解答したものが間違えに見えてくるのです。

 

試験中の精神状態は、特異で日頃解けていた問題が急に解けなくなったり、正しいものが、急に正しいと思えなくなったりするものです。

 

私の経験上、見直しをして解答を変えた問題は、最初に解答した方が正しかったということばかりでした。

 

見直しは、マークミスがないか程度に止めておくことが得策だと思います。